教育

Bioethics and Health Law
:Legal Issues Concerning Biotechnology, Medicine and Health Care System

バイオエシックスとヘルス・ロー
(留学生と日本人学生・一般正規生との合同授業)

本講義は、遺伝子情報のプライバシーと遺伝子差別の問題や代理出産などの生殖補助医療、また脳死臓器移植と臓器売買などの現代のバイオエシックスとヘルス・ローに関する諸問題を取り上げ、異なった文化や医療制度のなかで育った様々な諸外国から大阪大学に来て勉強している正規留学生や学術交流協定のある海外の大学からの交換留学生とともにディスカッションしていくことを通して、グローバルな視点からこれらの問題を考える視点を獲得することを目的とします。

  1. 患者の延命治療中止と尊厳死、医師の自殺幇助と積極的安楽死、不治の病や遺伝子情報などの医療情報の開示や輸血拒否の是非、医学研究と臨床試験など
  2. 体外受精・人工授精・代理出産と親子関係、着床前遺伝子診断と胚選別、出生前診断と選択的中絶、優生思想と障害、新生児医療など
  3. ヒトゲノム解析と遺伝子情報のプライバシー(遺伝子情報に基づく保険や雇用差別、遺伝子増強とパーフェクト・ベービー、オーダー・メイド医療など)
  4. 移植医療をめぐる諸問題:生体間移植・脳死臓器移植・臓器売買
  5. 医療制度改革:医療の規制緩和(健康保険制度と混合診療、医療費問題、医師不足、医療格差問題など)
  6. 脳神経科学(ニューロサイエンス)とエンハンスメントなど