一般公開セミナーのご案内

倫理審査委員に求められるリテラシーとは?
~医学研究の倫理審査委員会をめぐって~

pic1

一般公開セミナー「倫理審査委員に求められるリテラシーとは?」

iPSなどの先端医科学技術の臨床試験、
一連のSTAP細胞疑惑、相次ぐ研究不正の発覚。
医科学研究とその臨床応用に関するブレイクスルーや
スキャンダルが毎日のようにメディアをにぎわせている中、
臨床研究をガバナンスする省令やガイドライン遵守のための
倫理審査委員会の役割が、現在より一層注目されています。
倫理委員会は、医学研究者と法学や倫理学などを専門とする有識者や、
一般市民を代表する委員など、非医学系委員によって構成されており、
多様な委員が専門領域を超えてコミュニケーションを行う実践の場であります。

医学系以外の各種委員に求められている役割とリテラシーとは何か?
本公開セミナーでは、倫理委員経験者である専門家等をお招きし、
一般市民や学生も含め、オープンに議論を行います。
是非、皆様のご参加をお待ち申し上げます。

【開催概要】

日時
H27年2月22日 (日) 13:00~18:00(受付12:30~)
会場
グランフロント大阪北館タワーC 8階
ナレッジキャピタル カンファレンスルーム タワーC : RoomC05
カンファレンスルーム タワーC : RoomC05へのアクセス(PDF)
ゲストスピーカー、パネリスト等
山口 育子 氏 (NPO法人ささえあい医療人権センターCOML 理事長)
鵜飼 万貴子 氏 (米田泰邦法律事務所・弁護士(大阪弁護士会))
加藤 和人 氏 (大阪大学大学院医学系研究科教授・医の倫理と公共政策学)
木村 正 氏 (大阪大学大学院医学系研究科教授・産科学婦人科学)
山本 洋一 氏 (大阪大学医学部附属病院未来医療開発部 未来医療センター 副センター長(特任准教授))
掛江 直子 氏 (国立成育医療研究センター 臨床研究開発センター 生命倫理研究室 室長)
総合司会・コーディネーター 瀬戸山 晃一(大阪大学未来戦略機構特任教授、研究代表者)
対象者
どなたでもご参加頂けます。
参加費
無料
申込フォーム
http://goo.gl/g3IkOi )よりご登録下さい。
 (締切:2/19(木)正午)
※その他詳細は上記のフライヤー(PDF)をダウンロードしご確認ください。
問い合わせ先
一般公開セミナー「倫理審査委員に求められるリテラシーとは?」
担当事務局:田中(n-tanaka[ アットマーク ]law.osaka-u.ac.jp)
主催
科学研究費助成事業
「トランスプロフェッショナル・リテラシーを備えた専門家養成基盤に関する模索的研究」
(研究代表者:三成 賢次 大阪大学教授)
「各種倫理委員会における非医学系委員の役割の実態調査と考察」
(研究代表者:瀬戸山 晃一 大阪大学特任教授)

コメントは受け付けていません。